《チネイザンとは》

元々は中国古代タオイスト達が自分自身の心身を整えるために行っていた調整法・健康法。

現在広まっているチネイザンは、マンタクチア老師が西洋医学や解剖学と組み合わせ、再構築したものです。

ネガティブな感情が内臓に影響を与え、心身を病にさせるという考え方から、内臓に直接アプローチし、臓器機能の改善、ネガティブな感情のリリース、気の流れを整えることを目的とするものとなります。

チネイザンはオイルを使ってお腹の表面から大腸、小腸、各臓器の反射区へとアプローチしていきます。
最初にタイマッサージで全身をほぐし、ある程度筋肉の強張りをほどいてからお腹の施術に入りますので、初めての方も気持ちの準備ができ、安心して受けていただくことが出来ます。

こんな方におすすめ
・便秘や下痢でお悩みの方
・眠りが浅い方
・ストレスやプレッシャーを感じている方
・冷え性の方
・肩凝り、腰痛の方
・なんとなく気力が出ない方
・暴飲暴食気味の方 など



千紗’sチネイザン&タイマッサージ受付中です♪

※14:00〜※16:00〜※18:00〜※20:00〜

※上記のスタート時間よりご希望の日にち時間をお知らせ下さい。

※ご予約状況により、ご希望の時間にそえない事もございます。


【料金】

★90分¥14000 

※当日キャンセルの場合キャンセル料金がかかります、キャンセル料は通常料金の50%となります。

★只今キャンペーン中!★

yoga paramaでレッスンを受けている方は、

90分14000円→12500円で受けられます♪


体験談はこちらをご覧ください! 
Yoga parama Blog 
↓ 



《千紗’sチネイザン》

私は3年ぐらいにずっと動悸息切れに悩まされていました。
忙しすぎたり、過度なプレッシャーやストレスがかかるとみぞおちあたりがきゅーっとかたくなり、動悸が止まらず呼吸も浅くなるような状態が何日も続いてしまうのです。

その時、アロマセラピストである友人に言われたのが「お腹がものすごく固くなっている」という一言。
それまでは自分のお腹が固いかやわらかいなんて気にしたことがなく、実際自分でお腹を少し強めに押してみるとまぁ固くてびくともしないこと。

自分で固さを感じるところをセルフマッサージする日々を経て、いつしか動悸息切れが改善されていたことに気付いて初めて、お腹の固さは精神的にも、内臓の機能的にも様々な影響があることを体感したのでした。

その体験から、お腹をやわらかい状態にしておくことの大事さを知った私は、タイにもお腹のマッサージがあると聞き、出会ったのがこのチネイザン(氣内臓)でした。

タイにこのチネイザンを習得しに行って来ましたが、学ぶ過程で、先生から毎日チネイザンの施術を受けお腹をやわらかくしていったら、腹の底から生きる気力が湧いてきて、本当に元気になりました。
もちろんお通じも良く、食べたいと思うものも変化していき、ご飯がとても美味しく感じられたのが印象的でした。

内臓は自律神経の働きにより、自分の意志とは関係なく動いてくれています。そしてとても我慢強く、あまり自己主張をしません。

だからこそ、生命の源であるにも関わらず、かつての私がそうだったように、自分の内臓の状態を知らない方がほとんどでした。

自分の内臓を知ることは、自分自身を知ることにつながります。

何故ならば、内臓は自分の溜め込んだネガティブな感情ともリンクしているからです。

例えば腎臓は不安や恐れを、肝臓は怒りを、心臓は憎しみを抱えてしまいます。

どこの臓器が疲弊しているのかを感じることは、自分が気付かずに溜めこんでしまったネガティブな感情に気付かされることであり、そこから自分のストレスに気付くことにつながります。

気付くことで初めて、そのストレスの存在を認め、許し、手放し、今後どう暮らしていくことが快適かを考えることが出来るのです。

温和に生きているつもりでも、肝臓にはしっかり怒りがたまっており、いつも仕事がなくなってしまったら、と不安に怯えて腎臓もかちかち。

時間に追われ、プレッシャーにいつもさらされたみぞおちは指が入らないほどの固さで、胃も腸も不規則な食生活にうまく機能出来ない状態だった私のお腹は、チネイザンを繰り返し受けることでずいぶんと柔らかくなってきました。

そして、物の見方、捉え方、価値観までもが大きく変化してきたようで、思い込みが激しく、これ、と思ったらなんでもがむしゃらに頑張ってしまう自分の生き方をなかなか変えられずにいましたが、がむしゃらに頑張ることだけが人生じゃないと、ようやく自分のネジをゆるめることが出来たように思います。
チネイザンを通して、たくさんの方のお腹と向き合う機会を与えていただきました。

自分にとって本当の豊かさってなんだろう。
チネイザンを受けながら、そんなことを考えてみるのもいいですね!

みなさまの心とからだ、そして気(エネルギー)の健やかさをサポートする強い味方になれますように。

千紗